Escapism

現実逃避の記録

記憶と記録について

このブログを始めてからすでに1年が経っているようです。最近ようやく書くことに抵抗がなくなってきたというか、自分の生活の中にブログを配置する場所が定まってきたという感じです。

自分にとって、記録することは記憶に目印をつけるようなイメージです。

感じたことはその時に書き残すのが大事。立場が変わるとすぐに考えも変化してしまうからです。

私は脳のクセなのか、感情を持続させることができない傾向にあり、楽しいことも嫌なことも割とすぐに忘れてしまう。前向きに捉えると気持ちの切り替えが早いということかもしれませんが。

(そもそも覚えることが得意ではなくて、自信満々に勘違いしてたり何度も同じ話をすることもある。なので、これを書く前にすでに書いてないか過去記事をチェックするなどしている…。自分の脳はあまり信用しないほうがいいのかもしれない)

例えば、この1年で私は独身であったり妊婦であった時期があり、それぞれの時期で悩みがあったわけですが、つい先日のことなのにその記憶がうすれかけています。自分で体験したはずなのに。

自分が今いる立場からしか物事を考えることができなくなるのはつまらないなと思います。

でも記録があれば、その時の気持ちを後で思い出す手がかりになります。

なので、若干雑であったとしても書き続けることに意味があると思っています。こんな感じに。