Escapism

現実逃避の記録

Mastodonのこと

SNSとの付き合い方についてここ最近ずっと考えていたのですが、当面の間は使うのを控えようと思います。
今までにもしばらく姿を消したことがあったし何も言わずともなんとなく状況を察してもらえる気がするのですが(特にこのブログにまで足を運んでくれている人たちには)、これまでちゃんとしたお礼を言えてないことに気づいたのでここに感謝の意を示しておきたいと思います。


私はいくつか主なSNSのサービスでアカウントを持っている(または持っていた)のですが、基本的に特定の人との連絡をとるために使っているので放ったらかしのものも多いです。
その中で例外的に2年半ほど続けているのがMastodonです。

最初はどこかのメディアで取り上げられていたのをたまたま目にして興味本位で始めてみたのですが、自分を知っている人が全くいない中で思ったことを発信し、誰かに届くのが面白いと感じるようになりました。

人とのやりとりもだんだん増えて、いま所属している小規模インスタンス(サーバ)にたどり着き、私にしては濃い人間関係を築けたかなと思っています。


タイムラインを見てるだけでも楽しいし、もっと知りたいこと話したいことはたくさんある。育児で疲れたときに吐き出して聞いてもらえる場所が必要な時もある。

でも、そろそろやめないといけないかなとも感じていました。スマホを見過ぎて子どもから目を離してしまうのが怖くなってきたからです。

最近は子どもが寝ている間だけスマホを使うように心がけていましたが、どうしてもずるずると見続けてしまう。見る時間を制限するようにすると消化不良になってしまう。それならいっそ見ない方が楽なのでは…と思うようになりました。

結構依存しているところがあるので完全にやめられる自信はありません。でも子どものことを見なければと思う気持ちは確かですし、ここで変わらなければなりません。


自分のいるインスタンスは、皆それぞれに「好きなこと」を持っていて、それを表現できる人たちです。

私も「好きなこと」を持っているのでその場に参加できたのですが、正直なところそれが自分にとってのほんとうの「好きなこと」なのか、自信がない状態でした。

でもそれぞれの「好き」に触れて、私も何かを掴みかけているような気がしています。

これについてはいつか書ければいいなと思います。


最近始めた、おすすめの本を一箇所に集めるプロジェクトも、ほとんど私の個人的な趣味でやっているようなものですが、おかげさまでひとりひとりの好きなことの表現の場のひとつとして機能し始めたのではないかと思っています。これについては責任を持って管理を続けたいと思います(言い出しっぺの原則)。


メンバーの創作活動はこれからも追っていきたいし完全に消えるわけではないですが、いったん言っておきます。いつもありがとねー!と。