Escapism

現実逃避の記録

幸福感と重圧について

先月、予定帝王切開で娘を出産しました。

今は退院して、自宅で新生児と生活しています。

うまく回ってるとはいえないけど、それなりに何とかなっているような気がします。産後の回復が順調で、子どものほうも元気なのが幸いしていると思います。

わが子は本当に愛おしく、寝たり泣いたりする様子を見ているだけで飽きません。

ですが、その幸せを実感するたび同時に涙が止まらなくなってしまいます。特に夕方。

ホルモンバランスの影響かとは思いますが、きっと自分にまったく余裕がないのでしょう。

 

母乳の出が良すぎるあまり、今のところ完全母乳で育てているのですが、常に睡魔との戦いです。

さらに、産む前は夫と分担しながらやろうと考えていた家事や育児も、授乳時間など子どものスケジュールに合わせるためほぼ全部自分でやってしまい、結果常にイライラしている状態に。

今は「子どものために自分が生きなければ」と気合いだけでどうにかなっていますが、問題をクリアしておかないとこの先が危うい気がします。

 

ひとりの人間の人生を預かっているという責任の重さも、余裕をなくしている要因かもしれません。

不安しかないのですが、自分にはできる限り調べて、試行錯誤することしかできないのかなと思います。

まずは今この瞬間の娘の姿を目に焼き付けながら、毎日楽しく過ごせたらなと思います。