Escapism

書きたいときに書いてます

結婚について

自分の場合の経緯などをいったん振りかえってみました。こういう人もいるんだな、という程度に見ていただければ幸いです。

前置き

私は今結婚していますが、法律婚を選択しました。

理由は子供を授かったから、ということになるのですが、子供がいるからといって必ずしも戸籍を同じにする必要はないとは思います。

事実婚との違いを認識して、きちんとその判断について対外的にも説明できるのであれば問題は少ないと思います。私は子にいらぬ心配をさせない自信がなかったので、婚姻届を出すことにしました。また、私の両親が割と古い考えの人たちなので、納得させるためというのもありました。

 結婚するという選択について

そもそも自分に結婚願望があったかどうかについては、「よくわからない」というのが正直なところです。

他人と生活するのは向いてないと思っていたので、一人で生きていくのは楽だしアリだと思っていたのですが、家庭を持つ選択肢を捨てたくはないとも考えていました。未婚者への社会の圧力もないわけではないですし。

婚活らしきイベントに参加したりもしましたが、そこからは何も起きませんでした。結婚を目的に誰かとお付き合いすることは自分にとって何か違うように感じました。

配偶者となった人は、私にとって唯一「一緒に生活できるかもしれない」と感じられた人で、この人と結婚しないなら一人で生きていくんだろうな、とぼんやり認識はしていました。

最終的に同棲することになりましたが、お互い結婚のタイミングは状況次第で、という考えだったと思います。その後間もなく妊娠が判明し、これが結婚の直接的なきっかけになりました。

結婚について元々積極的に選択をしていなかっただけに、妊娠してなかったとしても今の関係を続けていたかどうかは正直わかりません。

実際共同生活を始めてみて、うまく行かないことは山ほどありました。大体は私が相手の機嫌を損ねることが原因で、何度も別れるかどうかを本格的に検討しました。

(そのたびに子供を産むか産まないかの選択も避けられないものとなり、これが精神的にかなり厳しかった。何より子供に申し訳ない気持ちでいっぱいだった)

何とかその都度危機は回避したものの、今でも根本的な部分が解決できているようには思えないので、いつ問題が再燃するかはわかりません。

一緒にいることが正しいのかどうか、というようなことは考えないほうがいいのかもしれません。

ただ単純に、お互いに穏やかでいられる日々は悪くないと感じているので、それが長く続くように出来ることはやっていきたいなと思う毎日です。