Escapism

精神的遊水池

スケジュール管理について

小難しいことを長々書こうとすると、自分で「だから何?」となってしまっては消してしまいがちなので、とりあえず現状のことだけでも簡潔に書いていきたいと思います。

今は体調が最も落ち着いている状態で、おかげさまで胎児も順調に育っているっぽいです。

そしておそらく今が色々と準備をしておかないといけない時期なので、スケジュール管理等のために手帳を作成しはじめました。

私は紙ベースの手帳が続かない人間なので、試行錯誤の結果、仕事のスケジュールは主に職場のPCで、その他重要なイベントはスマホの諸アプリでなんとか管理していたのですが、中長期的プランだとやっぱり紙だな…と思い久々にお店で探してみました。

既存テンプレートで長続きしない人には「バレットジャーナル」なるものがいい、と事前にネットで見たので、それに適したノートを探していたのですが、最終的にこれになりました。

マルマン 手帳 リフィル 2019年 A5 マンスリー LD273-19 (1月始まり)

まさかの普通のマンスリー。

これをマルマンのクロッキーバインダーに半年分セットしています。

ルーズリーフのいいところは、持ち歩くときに必要なものだけ残したり、差し替えが自由にできることですね。

同時に毎日の体調や経過などもノート用リーフにメモするようにしているのですが、1枚分埋まったら取り外すことができるので便利です(日記などを持ち歩くのに抵抗がある人間なので。)。

今セットしてるのは、

  • マンスリーリーフ
  • 経過メモ用リーフ(罫線入り)
  • 頭の整理用クロッキーリーフ
  • ポケットリーフ
  • ペンケースリーフ

です。

クロッキーバインダーは見た目で選びましたが、表紙が厚紙なので軽さの面でも良いです。強度はかなり低そうですが…

経過ノートはのちに育児ノートになる予定で、子供が成長したときに渡せるようにしたいのでなんとか継続させてます。

この運用でうまくいけたら良いなと思います。